みなさんは、Google広告で広告文に住所を表示させることができる「住所表示オプション」をご存知でしょうか?

住所表示オプションを利用することで、より効果的な広告配信が可能になるため、実店舗をお持ちの事業者の方でGoogle広告を利用されている方にぜひおすすめしたい機能となっています。

今回は、Google広告で使用することができる「住所表示オプション」についてご紹介していきます。

住所表示オプションとは

住所表示オプションとは、会社や店舗の住所や距離、電話番号など、ビジネス情報に関する情報を表示することができる機能です。

営業時間や電話番号、写真、ルートなどの情報がまとめられた詳細ページへのリンクも表示されるため、広告を接触したユーザーを実店舗に誘導しオフラインでの売上の向上を見込むことができます。

画像参照元:住所表示オプションについて

住所表示オプションのメリット

ここからは、住所表示オプションを設定するメリットをご紹介していきます。

ユーザーの位置に合わせた店舗の表示が可能

住所表示オプションは、店舗の近くに滞在しておりビジネスに興味のあるユーザーに表示を行うため、実店舗への来店を促すことが可能です。

店舗の場所を調べる手間が省ける

住所表示オプションをクリックすると、所在地に関する詳細や関連ビジネスの情報がまとめられたページが表示されます。
そのため、

広告のクリック率の向上

住所表示オプションを追加することで、ユーザーに伝えることのできる情報が増え、広告の表示面積が広がります。
その結果、広告のクリック率の向上も期待することができます。

来店コンバージョンの計測が可能

Google広告とGoogleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)を連携し一定の条件を満たすことで、来店コンバージョンを計測することが可能です。


来店コンバージョンとは、Google広告に接触した人が実店舗への来店につながっているかを計測する機能です。
Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)を連携することで、WEB広告がオフラインの集客に与える影響を知ることができ、オフラインの集客の向上も期待することができます。

来店コンバージョンの詳細はこちらをご参照ください。

来店コンバージョンを計測できるローカルキャンペーンの詳細はこちらをご参照ください。

住所表示オプションの掲載先

住所表示オプションを有効にすると、モバイルやパソコンを問わず、検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、Google マップ上において、店舗の情報を表示することができます。

Google 検索ネットワーク

テキスト広告と一緒に、店舗の住所と電話番号が表示されます。
モバイルでは、電話番号の代わりに 「電話ボタン」が表示される場合があります。

Google マップなど、Google の検索サイト

Googleマップ(アプリも含む)の検索結果の横や上や下に表示されます。

Google ディスプレイ ネットワーク

ディスプレイ ネットワークのサイトやアプリにも表示されます。

YouTube 動画広告

YouTubeのTrueViewインストリーム広告やバンパー広告に表示されます。

住所表示オプションの設定方法

住所表示オプションを設定するには、Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)の登録が完了している必要があります。

まだ、Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)の登録が完了していない場合は、こちらをご参照ください。

では、住所表示オプションの設定方法をご紹介していきます。

Google広告の媒体画面から広告表示オプションの項目を選択、丈夫にある「+」ボタンをクリックします。

追加したい広告表示オプション「住所表示オプション」を選択します。

自社のGoogleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)との連携方法

Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)をお持ちの際は、広告で使用されているドメインのGoogleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)の候補が表示されますので、該当するGoogleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)アカウントを選択してください。

他社のGoogleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)との連携方法

自社で管理していないGoogleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)の場合、「知っているGoogleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)アカウントにリンクする」を選択してください。

Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)へのアクセス権がある場合

Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)へのアクセス権がある場合、「Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)アカウントを選択してください」の項目を選択肢、該当のGoogleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)アカウントを選択してください。

Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)へのアクセス権がない場合

Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)へのアクセス権がない場合、「Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)の別のアカウントへのアクセス権をリクエストしてください」を選択し、Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)の管理者のメールアドレスを入力します。

Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)の管理者のメールアドレスに権限リクエストの送信が完了すると、以下のような画面が表示されます。

権限リクエストが送信されたGoogleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)の「Google広告にリンク」の項目に、承認依頼が届きますので「承認」あるいは「辞退する」を選択してください。

「承認」を選択すると、再度確認のポップアップが表示されますので、「承認」を選択してください。

設定はこれで完了です。

まとめ

今回は、Google広告の住所表示オプションのメリットと設定方法についてご紹介いたしました。

住所表示オプションを表示するために必要な「Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)」は、広告経由のユーザーだけでなく自然検索経由のユーザーを実店舗へと促し、オフライン集客の向上が期待することができます。

自店舗をお持ちの事業者の方は、ぜひ、Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)と住所表示オプションを導入してみてはいかがでしょうか?