Googleマイビジネスは、2014年にGoogle+とGoogleプレイスが統合しできたサービスで、Googleが提供するビジネスオーナー向けの情報管理ツールです。

Googleマイビジネスは無料で利用することができ、Google検索やGoogleマップといったところに自社のビジネス情報を掲載することができ、Webサイト以外からもオンラインでの集客を行うことができます。

イベントやキャンペーン情報なども掲載できるため、顧客に最新の情報をアピールすることができます。

今回は、ビジネスオーナーの方にぜひ利用していただきたい「Googleマイビジネス」についてご紹介いたします。

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップ上にビジネス情報を表示・管理することができる無料ツールです。

Googleマイビジネスにビジネス情報を登録して管理することで、自社のサービスや店舗の場所や最新情報などをより多くの顧客に知ってもらえる機会が増え、ビジネスに関する問い合わせに繋がる可能性があります。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスのメリット

無料のGoogleマイビジネスを利用することで、オフィスや店舗の認知度の向上を行うことができます。

ここからは、Googleマイビジネスを利用するメリットをご紹介していきます。

無料で集客が可能

Googleマイビジネスは無料で利用することができ、Google検索やGoogle Mapsに無料で掲載することができます。
また、最新情報をこまめに更新を行うことで優先的に上位表示されますので、ユーザーの目に触れる機会も増えWEBサイト以外からの集客や来店数の増加を見込むことができます。

Googleマイビジネスから自社のWEBサイトに誘導することもできますので、WEBサイトへの流入数の増加も見込むことができます。

オフィスや店舗の情報を掲載可能

Google検索やGoogle Mapsにビジネス情報(会社名・電話番号・住所・営業時間など)を掲載することができます。

登録した情報は、いつでも無料で更新することが可能です。
一般ユーザーからの情報修正も可能になりますので、オーナー認証を行い、都度、情報については管理することを推奨しております。(ページ下部にも記載)

オフィスや店舗の写真を掲載可能

オフィスや店舗の外観や内観の写真のほかに、販売している商品などの写真も掲載することができます。

写真を掲載しているビジネスは、掲載していないビジネスに比べて、ユーザーが店舗までの運転経路を検索する回数や、ウェブサイトへのリンクをクリックする回数が増える可能性が高くなるとのことです。
参照:効果的なビジネス リスティングを作成する

ぜひ、顧客に魅力的な写真を公開することで、WEBからの集客の向上を目指しましょう。

最新情報を公開可能

Googleマイビジネスの「投稿」の機能を利用することで、イベントやキャンペーンなど、最新情報をいつでもリアルタイムで公開することが可能です。

また、クーポンなどの特典の情報も掲載することができますので、顧客の来店促進に繋げることができます。

ユーザーと交流が可能

商品やサービスの商品の投稿ができ、ユーザーの口コミに返信することも可能です。
ユーザーの口コミに返信することで、事業者との親近感がアップしネガティブな口コミもフォローすることができます。

ページを見た人の情報を確認可能

Googleマイビジネスの「インサイト」の機能を利用することで、検索された語句や検索方法、ユーザーの反応やルートのリクエスト(ユーザーがビジネスまでのルートを検索した地域)、通話数や写真の閲覧数を確認することができます。

Googleマイビジネスのインサイトを確認することで、よりユーザーに魅力的なGoogleマイビジネスに更新しWEB集客の向上を目指していきましょう。

無料でWEBサイトを作成可能

Googleマイビジネスに登録した情報をもとに、ウェブサイト作成ツールを使用し簡易なWEBサイトをすぐに作成することができます。
お問い合わせやサービスの予約など、ビジネス目標に合うボタンを追加することができ、売上向上につなげることができます。

画像参照元:「無料ウェブサイト作成ツール – Google マイビジネス」

インバウンド対応

Googleマイビジネスは、端末の言語設定に合わせ自動で翻訳してくれるため、英語設定の端末では英語表記で表示することができます。
※ビジネス名は翻訳されません。

Googleマイビジネスを利用することで、日本人の顧客だけでなく外国人旅行客の集客にもつなげることができます。

Googleマイビジネスの注意点

Googleマイビジネスはメリットもありますが、

Googleポリシー違反

Googleが禁止しているポリシーに違反をすると、Google Mapsから登録抹消されてしまう可能性があります。

  • ビジネス名にキーワードを盛り込む
  • ビジネスと関連性の低いカテゴリを設定
  • 過度に強調された販促告知(価格やキャンペーンなど)

上記は一部になりますので、詳細はこちらでご確認ください。
https://support.google.com/business/answer/7667250?hl=ja

表示される写真はランダム

表示したい写真を選べず、一般ユーザーが投稿した写真でも表示される

自由に口コミの投稿が可能

一般ユーザーから口コミが投稿可能ですが、ネガティブな口コミが投稿されることもあります。
もし、そのネガティブな口コミが根拠のない誹謗中傷の場合は、Googleに連絡することで削除可能です。
しかし、それ以外は公開されてしまいます。

Googleマイビジネスの登録方法

ここからは、Googleマイビジネスの登録の方法についてご紹介いたします。

新規にGoogleマイビジネスを登録

ページ内の「今すぐ開始」をクリックします。

ビジネス名の入力

会社名を入力しても表示されない場合は、「Googleにビジネス情報を追加」から登録してください。

ビジネスプロフィールの作成

ビジネス名とビジネスカテゴリの登録を行います。
ビジネスカテゴリは、後で変更することができます。

ビジネスカテゴリは、カテゴリの一部を入力すると関連のカテゴリが表示されます。
その中から選択を行ってください。
ビジネスカテゴリは、登録後でも編集することができます。

店舗やオフィスの場所の追加

店舗やオフィスなどの住所がある場合は、「はい」を選択します。
「いいえ」でも登録することができます。

住所の登録

店舗やオフィスやオフィスの登録を行います。
ここに記入する住所は、WEBサイトに記載のある住所の記入を行います。

サービス提供地域の入力

サービス提供地域は、20箇所まで入力することができます。
ハウスクリーニングやデリバリーサービスの場合、市区町村や郵便番号などでサービス提供地域を登録することができます。

連絡先の入力

連絡のとれる電話番号やWEBサイトの入力を行います。

Googleからの情報の入手

Googleからの最新情報を受け取るかどうかの選択をします。

オーナー確認方法

Googleマイビジネスを使用するには、オーナーの確認が必要になります。
確認方法には、「電話」と「ハガキ」があります。
Googleマイビジネスの登録が完了しても、ビジネスオーナーの確認が完了していなければGoogleマイビジネスは公開されません。

営業時間の設定

営業時間の曜日と時間の入力を行います。

営業日に設定をすると、営業開始時間と営業終了時間を設定することができるようになります。

メッセージ送信の設定

Googleマイビジネスを見たユーザーからメッセージを受け取るかどうかの設定します。

ビジネスの説明を追加

どのようなビジネスを行っているかの記載を行います。
過度にならない程度、適度に記載しましょう。自社のビジネスについて詳細な情報がユーザーにとって役立ちます。

また、ユーザーがGoogle検索やGoogleマップ上での検索を行った際にもかかわらず、マイビジネスの情報が少なく、キーワードとの関連性が低いと判断されてしまうのも勿体ないですよね。

ビジネスの写真を追加

店舗で扱っている商品や店舗の写真、オフィスの写真などをアップロードします。

Google広告の案内

Google広告の案内が表示されますので、すでに広告を出そうと考えている方は入力をしてください。
広告文などの入力も必要になりますので、まだ検討中のユーザーは「スキップ」していただいても大丈夫です。
後から設定しても、7,500円の無料広告クレジットは獲得することができます。

WEBサイトの登録

WEBサイトをお持ちの方は、WEBサイトのURLを記入します。
WEBサイトをお持ちでない方は、Googleマイビジネスに登録したデータを使用してWEBサイトを作成できますので「ビジネスプロフィール(広告に合わせて最適化済み)」を選択します。

最終確認

今まで入力した情報に間違いがないようでしたら、「続行」をクリックしてください。

登録完了

これで、Googleマイビジネスの登録が完了しました。

完了

無事、Googleマイビジネスの登録が完了し表示されるようになりました。

まとめ

Googleマイビジネスは、コストをかけずに多くのユーザーにアプローチすることができ、WEBサイト以外からの集客を行うことが可能です。

また、簡単に登録でき無料で利用できますので、ビジネスオーナーの方にはぜひ利用していただきたいツールです。

まだ利用されていない方は、この記事を参考にぜひ登録をしてみてくださいね。