2021年9月27日(月)に、 Yahoo!より 「検索クエリーデータの表示に関する変更」と「一部過去検索クエリーデータの提供の終了」を行うとリリースがありました。

検索広告】検索クエリーデータの表示に関する変更と一部過去データの提供終了について

検索クエリーデータの表示に関する変更

検索キャンペーンと動的検索広告キャンペーンにおいて、2020年9月以降、多くのユーザーが検索した語句のみが表示される仕様に変更されました。

2021年9月9日(木)より、レポートに表示する検索クエリーの判断基準が一部変更されたため、レポート等に表示される検索語句のデータがより多く表示される仕様へと変更となりました。
レポートに表示される検索クエリーの基準に関する詳細は非開示

検索クエリーデータの表示に関する変更
画像引用:検索クエリーレポートの変更について

適用範囲

2021年2月1日以降のデータ

対象機能

  • 検索クエリー一覧画面
  • 検索クエリーレポート
  • 検索クエリーレポート(動的検索連動型広告)

一部過去検索クエリーデータの提供終了

2022年2月1日以降、2020年8月31日以前の検索語句のデータの確認と取得ができなくなります。

2020年9月1日以降のデータは、2022年2月1日以降も確認と取得は可能です。

一部過去検索クエリーデータの提供終了
画像引用:検索クエリーレポートの変更について

提供終了日(予定)

2022年2月1日(火)
※日程は変更になる場合があります。

対象機能

  • 検索クエリー一覧画面
  • 検索クエリーレポート
  • 検索クエリーレポート(動的検索連動型広告)

対象サービス

Yahoo!広告 検索広告

まとめ

2022年2月1日以降、2020年8月31日以前の検索語句のデータの確認ができなくなりますので、 必要がある場合は2022年1月31日までにダウンロードしておくことをおすすめいたします。