2021年2月4日に、Googleから「キーワードマッチタイプの仕様変更」についてリリースが発表されました。

引用元:検索広告を目的のユーザーに表示しやすくするために

キーワードマッチタイプの仕様変更の概要

キーワードのマッチタイプ「フレーズ一致」と「絞り込み部分一致」の仕様が、日本では、2021年7月に変更されるとのリリースがありました。

全世界でマッチタイプの仕様変更が完了次第、絞り込み部分一致のマッチタイプのキーワードの作成はできなくなるとのことです。

なお、除外キーワードのマッチタイプの仕様変更は、今回のアップデートには影響がないとのことです。

キーワードマッチタイプの仕様変更の詳細

マッチタイプの仕様変更は自動で行われるため、アカウント内の既存キーワードのマッチタイプ変更は必要ありません。

絞り込み部分一致キーワードをフレーズ一致の形式に変換した場合、絞り込み部分一致キーワードのこれまでの掲載結果データは引き継がれないとのことです。

フレーズ一致:
変更前は「キーワードと同じ語順、意味の検索」に広告が表示されたが、変更後は語順が異なる語句にも広告を表示。

絞り込み部分一致:
変更前は「キーワードの語句全てが含まれる検索」に広告が表示されたが、変更後は現在の「フレーズ一致」と同様の仕様に変更。

仕様変更後のフレーズ一致では、語句の意味において語順が重要となる場合は従来どおり語順を考慮しつつ、さらに従来は絞り込み部分一致でしか配信することができなかったようなキーワードへの配信も可能となります。

マッチタイプ 変更前 変更後
フレーズ一致
例)”使用済み プリンター”
◯:使用済み プリンタ
✕:プリンタ 使用済み
◯:使用済み プリンタ
◯:プリンタ 使用済み
絞り込み部分一致
例)+使用済み +プリンタ
◯:使用済み プリンタ
◯:プリンタ 使用済み
◯:使用済み プリンタ
✕:プリンタ 使用済み

適用日

2021年7月
※英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、オランダ語、ポルトガル語、ロシア語については、2021年2月より順次

今回の変更で考えられる影響

仕様変更後も、既存の絞り込み部分一致キーワードは継続して使用することは可能ですが、仕様変更は適用されるとのことです。

そのため、絞り込み部分一致キーワードからのトラフィックが減少する可能性があります。

まとめ

今回のキーワードのマッチタイプの仕様変更により、アカウント内のキーワード管理が容易になります。
また、ターゲットとして最適なユーザーにより多くの広告の配信が可能となります。

Googleは、変換を手軽に行うための追加ツールを年内に随時リリースしていく予定とのことです。
また、同じ広告グループ内にフレーズ一致キーワードと重複している絞り込み部分一致キーワードがあれば、削除するための案内が表示されるとのことです。

今回の仕様変更が適用される時期は未定のため、随時、検索語句レポートとアカウントのパフォーマンスを確認するようにしてください。