2021年7月1日に、Googleから「Gmail広告キャンペーン」の提供を終了するとのリリースがありました。

Gmail 広告について – Google 広告 ヘルプ

Gmail広告キャンペーンの提供終了の詳細

今は、Gmail広告キャンペーンを作成し配信する必要ことで、Gmail広告にのみ広告を配信することができます。

しかし、2021年7月1日より、Gmail広告キャンペーンの提供を終了し、新しい Gmailキャンペーンの作成や、キャンペーン内の広告の変更をすることができなくなります。


引用元: 展開前の広告に対するクリックを促進する – Google 広告 ヘルプ

Gmailへの広告を配信するには?

Gmailに引き続き広告を配信するには、ファインドキャンペーンで配信をする必要があります。

ファインドキャンペーンは、Gmailへの配信のほかに、YouTubeホームフィードや次のおすすめフィードやDiscoverに広告の配信を行うキャンペーンとなります。

そのため、Gmailのみへの広告の配信を行うことができません。

ファインドキャンペーンについて

ファインドキャンペーンを作成するには、キャンペーンタイプから「ファインド」を選択して作成してください。

ファインドキャンペーンの作成

ファインドキャンペーンは、「コンバージョン数の最大化」あるいは「目標コンバージョン単価」の入札のみ使用可能です。

また、広告のローテーションとフリークエンシー キャップは、利用することができません。

ファインド広告の仕様

広告見出し
(必須)
広告に表示される最初の行で、半角 40(全角 20)文字以内で指定できます。どの説明文、画像、ランディング ページと組み合わせても、意味が通じるようにしてください。1 つのクリエイティブに最大 5 個の広告見出しを指定できます。
説明文
(必須)
広告見出しに説明を追加するもので、ユーザー行動を促します。半角 90(全角 45)文字以内で指定できます。どの広告見出し、画像、ランディング ページとも組み合わせることができるようにしてください。1 つのクリエイティブに最大 5 個の説明文を指定できます。
画像
(必須)
1.91:1 の横長の画像を複数アップロードすれば、リーチを最大限に広げることができます。1 つのクリエイティブに最大 15 個のマーケティング画像をアップロードできます。
横長画像(1.91:1): 最小サイズ: 600×314。推奨サイズ: 1200×628。最大ファイルサイズ 5 MB。
正方形の画像(1:1): 最小サイズ: 300×300。推奨サイズ: 1200×1200。最大ファイルサイズ 5 MB。
ロゴとして適切で、どの広告見出しや説明文、ランディング ページとも組み合わせることができる画像を選択してください。
最大ファイルサイズは 1 MB で、サポートされるファイル形式は JPG、PNG、静止 GIF です。画像の選択後に、アップロードした画像を希望のアスペクト比で切り抜くことができます。
会社名
(必須)
1 つのクリエイティブで指定できるお店やサービスの名前は 1 つのみです。半角 25(全角 12)文字以内で指定できます。
ロゴ
(必須)
1:1 の正方形のロゴをアップロードします。プロパティによっては、広告プレビューと実際の表示で、ロゴの角が丸められる場合があります。推奨サイズは 1200×1200 ですが、128×128 以上のロゴであればアップロードできます。ロゴを中央に配置する場合は、背景を透明にすることをおすすめします。どの広告見出し、説明文、画像とも組み合わせることができるロゴを使用してください。最大ファイルサイズは 1 MB です。GIF 以外でも、ほとんどのファイル形式が使用できます。
最終ページ URL
(必須)
広告をクリックしたユーザーにデフォルトで表示されるランディング ページです。
行動を促すフレーズのテキスト 広告作成ツールのプルダウン リストから、行動を促す最適なフレーズを選択します。[自動] に設定すると、最大のパフォーマンスが得られるよう、最適化された「行動を促すフレーズ」が自動的に選択されます。

ファインド広告(カルーセル)の仕様

広告見出し
(必須)
広告に表示される最初の行で、半角 40(全角 20)文字以内で指定できます。それぞれの画像に合わせて指定することができます。
説明文
(必須)
広告見出しに説明を追加するもので、ユーザー行動を促します。半角 90(全角 45)文字以内で指定できます。画像ごとに説明文を入力することはできません。どの広告見出し、画像、ランディング ページとも組み合わせることができるようにしてください。
カード画像
(2~10 枚)
アスペクト比が 1.91:1 またはスクエアの画像のみを使用できます。すべての画像のアスペクト比が同じになるようにしてください。カードにアスペクト比が異なる画像がある場合、広告は保存されません。

クリエイティブには、プレビュー ツールに表示された順序でカードが表示されます。

2 種類の画像サイズの詳しい使用例については、以下をご参照ください。

使用可: スクエア、スクエア、スクエア
使用可: 横向き、横向き、横向き
使用不可: スクエア、横向き
使用不可: [スクエア、横向き]、[スクエア、横向き]、[スクエア、横向き]
使用不可: スクエア、横向き、スクエア
使用不可: [スクエア]、[スクエア、横向き]、[スクエア、横向き]

会社名
(必須)
1 つのクリエイティブで指定できるお店やサービスの名前は 1 つのみです。半角 25(全角 12)文字以内で指定できます。
ロゴ
(必須)
1:1 の正方形のロゴをアップロードします。プロパティによっては、広告プレビューと実際の表示で、ロゴの角が丸められる場合があります。推奨サイズは 1200×1200 ですが、128×128 以上のロゴであればアップロードできます。ロゴを中央に配置する場合は、背景を透明にすることをおすすめします。どの広告見出し、説明文、画像とも組み合わせることのできるロゴを使用してください。最大ファイルサイズは 1 MB です。GIF 以外のほとんどのファイル形式が使用できます。
最終ページ URL
(必須)
広告をクリックしたユーザーにデフォルトで表示されるランディングページです。画像ごとに特定のランディング ページを指定できます。
モバイル URL
(省略可)
モバイル デバイスから広告をクリックしたユーザーに、デフォルトで表示されるモバイル用のランディングページです。
行動を促すフレーズのテキスト 広告作成ツールのプルダウン リストから、行動を促す最適なフレーズを選択します。[自動] に設定すると、最大のパフォーマンスが得られるよう、最適化された「行動を促すフレーズ」が自動的に選択されます。

引用元: ファインド キャンペーンを作成して管理する – Google 広告 ヘルプ

ファインドキャンペーンでGmailへ広告の配信を行う際の注意点

ファインドキャンペーンでGmailへ広告の配信を行う際は、下記の点に注意する必要があります。

予算について

ファインド広告はGmail以外の面にも広告の配信を行うため、Gmail広告キャンペーンの2倍の予算の設定にすることが推奨されています。

入札単価について

目標コンバージョン単価で広告の配信を行う際は、Gmail広告の過去30日間の平均コンバージョン単価を20%引き上げた単価を使用することが推奨されています。

ターゲティングについて

ファインドキャンペーンでは、キーワードターゲティングを使用することができません。

そのため、カスタムオーディエンスを作成しターゲット設定をすることで、同様の配信を行うことが可能です。

カスタムオーディエンスの作成

まとめ

今、Gmailキャンペーンで広告の配信を行っている方は、今後、ファインドキャンペーンに移行することで、Gmail以外のYouTubeホームフィードや次のおすすめフィードやDiscoverに広告を表示することができ、より多くのターゲットユーザーにリーチすることができるようになります。

まだ、ファインドキャンペーンを導入したことのない方は、ぜひこの機会に導入をされてみてはいかがでしょうか?