2021年2月25日に、Yahoo!から、ディスプレイ広告(運用型)において、「ターゲティング機能改善のお知らせ」についてリリースが発表されました。

引用元:ターゲティング機能改善のお知らせ

ターゲティング機能改善の概要

ディスプレイ広告(運用型)において、1つの広告グループに複数のリストを設定するなど、ターゲティング機能の改善が行われました。

ターゲティング機能改善の詳細

今回改善されたターゲティング機能についてご紹介いたします。

ターゲティング機能改善

今まで、1広告グループにつき、1つのターゲティングリストしか設定することができませんでした。

しかし、今回のアップデートにおいて、「サーチキーワードターゲティング」「サイトリターゲティング」「プレイスメントターゲティング」において10件まで設定することが可能になりました。
※オーディエンスカテゴリーやサイトカテゴリーは対象外となっています。

変更前:
1広告グループにつき、各ターゲティングのリストを配信または除外でそれぞれ1件のみ設定可能

変更後:
1広告グループにつき、各ターゲティングのリストを配信と除外あわせて10件まで設定可能

引用元: ターゲティング機能改善のお知らせ

リストごとに入札価格調整が可能

各ターゲティングのリストごとに、入札価格調整率の設定が可能となりました。

今回のターゲティング機能改善にともない、ターゲティングの一覧画面やレポートにおいて、パフォーマンスの確認が可能ターゲティングごとのパフォーマンスや実績値を確認することができるようになりました。

なお、一覧画面やレポートで確認できるのは機能改善の実施日以降に発生した実績値のみとなっており、それ以前の期間に発生した実績値は確認することができません。

プレイスメントターゲティングに「除外専用リスト」が追加

プレイスメントターゲティングに、配信除外のみ設定できる「除外専用リスト」の作成が可能になりました。
1アカウントに1リストのみ作成可能で、登録できるURL数が最大10,000件となります。

対象サービス

Yahoo!広告 ディスプレイ広告 (運用型)

適用日

2021年2月24日(水)

まとめ

今回のアップデートにより、複数のターゲティングでも1つの広告グループで作成することができ、アカウントが簡素化されアカウント管理が容易となります。

ターゲティングごとのパフォーマンスの確認もできるため、今後の広告運用にも役立てることができます。