これからWEB広告を利用したマーケティングを検討されている方で、リスティング広告の利用を考えている方がいらっしゃるかと思います。

初めてリスティング広告に取り組まれる場合、どれくらいの費用が必要なのか?ということで悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。 初めてリスティング広告に取り組まれる場合、どれくらいの費用が必要なのか?ということで悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

今回は、リスティング広告を始める際に、どのくらいの費用をかければよいのかの目安の出し方についてご紹介していきます。

リスティング広告の用語・略語

リスティング広告の予算の目安の決め方をご紹介する前に、まずは、リスティング広告でよく使用される用語のご紹介をさせていただければと思います。

リスティング広告では日常的に出てくる言葉ですので、ぜひおさえておいていただければ幸いです。

クリック数/CTs(Click Through)

広告がクリックされた回数のことです。

平均クリック単価/CPC(Cost Per Click)

平均クリック単価とは、広告を1クリックした際にかかる費用です。
ティング広告では、「CPC」と表記され「Cost Per Click」の略語です。

平均クリック単価は、下記の式で算出することができます。

<平均クリック単価(CPC)>  平均クリック単価(CPC) =費用÷クリック数

費用/Cost

広告にかかった費用のことです。

コンバージョン数/CVs(Conversion)

広告で目標としている成果(お問い合わせや購入など)の獲得数です。
リスティング広告では、「CVs」や「CV」と表記され「Conversion」の略語です。

獲得率/CVR(Conversion Rate)

広告をクリックした方のうち何割の方がコンバージョンにつながったかをの割合を示す指標です。
リスティング広告では、「CVR」と表記され「Conversion Rate」の略語です。

獲得率は、下記の式で算出することができます。

<獲得率(CVR)>  獲得率(CVR) =コンバージョン数(CVs)÷クリック数

獲得単価/CPA(Cost Per Action)

獲得単価とは、「コンバージョン1件を獲得するのにかかった費用です。
リスティング広告では、「CPA」と表記され「Conversion Rate」の略語です。

獲得単価は、下記の式で算出することができます。

<獲得単価(CPA)>  獲得単価(CPA) =費用÷コンバージョン数(CVs)

リスティング広告費用の予算の決め方

ここからは、先程ご紹介したリスティング広告の用語を使用しながら、広告費用の算出方法をご紹介していきます。

獲得したい成果目標から算出する

リスティング広告からの売上目標がある場合の予算の算出方法です。

目標とするCPA(獲得単価)やCV(獲得数)といった成果目標が決まっている場合、リスティング広告予算は下記の式より算出することができます。

<成果目標:CPA 3,000円、CV数100件の場合>  →  広告予算:300,000円
成果目標実現のための予算   =   CPA  ×  CV数
               = 3,000円 ×  100件
               =  300,000円

売上目標から算出する

リスティング広告からの売上目標がある場合の予算の算出方法です。

リスティング広告予算は、売上目標から逆算することで算出することができます。

<売上目標:5,000,000円、販売価格:5,000円の場合> → 広告予算:200,000円
クリック単価を100円、コンバージョン率1%とする
1 クリック単価の算出方法は下記よりご確認ください。
2 全業種平均のCV率は1%と言われています。

CV(販売個数)の算出

販売価格50,000円の商品で1,000,000円の売上を上げるためには、200個の商品を売る必要があります。

販売個数: 1,000,000円(売上目標)÷販売単価(50,000円)=20個

クリック数の算出

その商品のコンバージョン率が1%の場合、2,000個売るために50,000回クリックされる必要があります。

クリック数:20個(CV)÷CVR(1%)=2,000クリック
クリック数×CVR=CV→クリック数=CV÷CVR

広告費用の算出

クリック単価100円にクリック数2,000回をかけた金額が広告費用です。

広告費用:100円(クリック単価)×2,000回(クリック数)= 200,000円

損益分岐点(限界CPA)から算出する

損益分岐点とは、売上と費用が等しくなり損益がゼロとなるときの売上高のことで、限界CPAとも呼ばれます。

損益分岐点(限界CPA)の金額で広告費を設定すると、損失は発生しませんが利益も発生しない金額となります。

<売価3万円、原価を含んだコスト1万円、販売個数200個の場合>→広告予算:400万円
損益分岐点(限界CPA) = 売価 – 原価を含んだコスト
            = 3万円 – 1万円
           = 2万円
広告費用 = 損益分岐点(限界CPA) × CV
     = 2万円         × 200個
     = 400万円

そのため、予め確保したい利益を「損益分岐点(限界CPA)」から引いておくことで、確実に利益の確保を行うことができます。

「損益分岐点(限界CPA)」 から確保したい利益を引いた金額を「目標CPA」といいます。

目標CPA

<売価3万円、原価を含んだコスト1万円、利益10,000円、販売個数200個の場合>→広告予算:200万円
目標CPA = 損益分岐点(売価 – 原価を含んだコスト) – 利益
     =       (3万円 – 1万円)      – 1万円
    = 1万円
広告費用 = 目標CPA × CV
     = 1万円  × 200個
     = 200万円

キーワードから算出する

あらかじめ配信したいキーワードを決めたうえで、GoogleのキーワードプランナーからGoogleの広告費用の算出を行う方法をご紹介いたします。

Google広告媒体画面を開く

媒体画面の右上の方にある「ツールと設定」をクリックしてください。

Google広告媒体画面

キーワードプランナーを選択

「ツールと設定>プランニング>キーワードプランナー」を選択してください。

キーワードプランナーを選択

「検索ボリュームと予測のデータを確認する」を選択

「検索ボリュームと予測のデータを確認する」を選択してください。

検索ボリュームと予測のデータを確認する

広告の配信を行いたいキーワードを入力

赤枠の中に、広告の配信を行いたいキーワードを入力してください。

キーワードを入力

入力したキーワードの予測データを確認

広告の配信を行いたいキーワードを入力後、「確認する」ボタンをクリックしてください。

入力したキーワードの予測データの確認

予測データの表示

広告の配信を行いたいキーワードの、検索ボリュームと予測データが表示されます。

予測データの表示

予測データの確認

左上にある「予測」をクリックすると、広告を配信するキーワードの日予算と月の予算が表示されます。

予測データの確認

まとめ

リスティング広告を始めようとする際に、一体いくらの広告費に設定すればよいかを悩まれている方が多いかと思います。

今回のこちらの記事をもとに、御社がリスティング広告で実現したい目標に見合った広告費を検討してみてください。