リスティング広告は、「検索キーワード連動型広告」「検索キーワード広告」とも呼ばれることもあるように、設定するキーワードが重要な要素となっています。
リスティング広告の成果を上げるには、キーワードの選定をしっかり行う必要があります。

今回は、適切なユーザーに広告を配信するために重要ポイントとなる「キーワードのマッチタイプ」の種類と特徴をご紹介いたします。

キーワードとは?

リスティング広告を配信する際に、キーワードを設定する必要があります。
このキーワードとは、ユーザーが検索エンジンで検索している語句と広告を一致させるために使用される単語やフレーズのことです。

キーワードは、ユーザーが商品やサービスを探すときに使用する可能性がある単語やフレーズを設定する必要があります。

効果的なキーワードを選ぶには、自分がその商品やサービスを探す立場であればどのような単語で検索するか、ユーザーの目線に立って考えることが重要になります。

マッチタイプとは?

設定したキーワードに一致する語句をユーザーが検索すると、広告はオークションの候補に入り掲載されるかどうかが決まります。

キーワードとユーザーの検索語句がどの程度の一致であれば、オークションに参加するのかを指定するのがキーワードのマッチタイプです。

マッチタイプは3種類あります。

マッチタイプの設定を誤ってしまうと、商品やサービスに関係のないターゲットにも広告が表示されてしまい無駄なクリックが発生してしまったり、ターゲットを絞り込みすぎることで十分な数のユーザーに広告を配信できず機会損失が発生してしまう可能性もあります。

広告を表示する検索語句の範囲をマッチタイプによりコントロールすることで、ターゲットとするユーザーに確実に広告を表示していきましょう。

ここからは、マッチタイプについてご紹介していきます。

3種類のマッチタイプ

マッチタイプには、「完全一致」と「フレーズ一致」、「部分一致」の3種類があります。

完全一致の場合、キーワードと同じ意味の検索だけが広告の表示対象となります。
フレーズ一致の場合、キーワードと同じ意味の内容を含む検索が広告の表示対象になります。
部分一致の場合、キーワードに関連する多様な検索が広告が表示対象となります。

それぞれのマッチタイプごとに、カバーする検索語句の範囲が異なっています。

マッチタイプがフレーズ一致のキーワードは、完全一致の検索語句をカバーします。
マッチタイプが部分一致キーワードは、フレーズ一致と完全一致の検索語句をカバーします。

3種類のマッチタイプ

ここからは、それぞれのマッチタイプについて詳しくお伝えしてまいります。

完全一致

マッチタイプの中で、広告の対象にするユーザーを最も絞り込めるのが完全一致です。
キーワードとまったく同じ意味または意図の検索に、広告の表示
を行うことができます。

完全一致は、検索語句を角括弧で囲みます。

完全一致:[keyword]

完全一致キーワード広告が表示される
検索語句の例
広告が表示されない
検索語句の例
[男性用のシューズ]シューズ 男性
男性 シューズ
男性 靴
男性用のシューズ
男性用テニスシューズ
男児用シューズ
引用元:キーワードのマッチタイプについて

完全一致のメリット

マッチタイプの完全一致は、キーワードと完全に一致したときのみ広告の配信を行うため、意図したユーザーにのみ広告の配信を行うことができます。
そのため、コンバージョンに繋がりやすく無駄なクリックを抑えることができます。

完全一致のデメリット

マッチタイプの完全一致は、メリットでお伝えしたように意図したユーザーにのみ広告の配信を行うため設定したキーワード以外で検索するユーザーに広告の配信ができません。
そのため、機会損失につながる可能性があります。

完全一致キーワードの類似パターン

完全一致は、設定したキーワードと完全に一致したときに広告が表示されます。
しかし、「振り込み」「振込」のようなキーワードの揺れや、「靴 男性用」「男子用 靴」のような語順が異なる場合でも広告は表示されます。
そのため、細かい表現の違いを網羅するため多数のキーワードを登録する必要はありません。

類似パターン
誤字、表記のゆれ 「振り込み」と「振込」
意味が同じで語順が異なる語句[靴 男性用] と [男性用 靴]
検索の意図に影響しない単語[男性用の靴]と[男性用靴]
※ 検索の糸に影響しない単語とは、助詞(例: 「から」、「の」)や接続詞(例: 「ための」、「しかし」)などです。
一部語句を省略した表現[ステレオ用ヘッドセット]と「ステレオ ヘッドセット」
類義語や言い換え[スイムウェア]と「水着」
検索意図が同じ語句 [無料素材 画像] と「フリー素材 画像」
引用元:キーワードの類似パターン

フレーズ一致

フレーズ一致は、部分一致よりもターゲットを絞り込むことができますが、完全一致よりは柔軟な設定となります。
フレーズ一致を使用すれば、キーワードと文言が異なっても同じ意味に解釈できる内容が含まれる検索が広告の表示対象になります。

そのため、お客様の商品やサービスを検索しているユーザーだけでなく、それ以外のより多くのユーザーにリーチすることができます。

フレーズ一致は、検索語句を二重引用符で囲みます。

フレーズ一致:”keyword”

フレーズ一致キーワード広告が表示される
検索語句の例
広告が表示されない
検索語句の例
“テニスシューズ”テニス用シューズ
セール テニスシューズ 購入
赤いテニスシューズ
快適なテニススニーカー
テニスラケットとトレーニングシューズ
テニス用にもランニングシューズを履いていませんか
引用元:キーワードのマッチタイプについて

フレーズ一致のメリット

マッチタイプがフレーズ一致の場合、完全一致よりも広いユーザーに広告の配信ができます。
そのため、意図したキーワード以外でコンバージョンにつながる可能性のあるユーザーにも広告の配信を行えるため、完全一致の場合よりも多くのコンバージョンを獲得することができるようになります。

フレーズ一致のデメリット

マッチタイプがフレーズ一致の場合、 設定したキーワードとは異なる表記の関連キーワードには広告が配信されません。
そのため、関連キーワードで検索したユーザーに広告の配信ができません。
そのため、機会損失が発生する可能性があります。

フレーズ一致キーワードの類似パターン

フレーズ一致も完全一致と同様に、「振り込み」「振込」のようなキーワードの揺れや、「赤い シューズ」「ランニングシューズ 赤」のような語順が異なる場合でも広告は表示されます。
そのため、細かい表現の違いを網羅するため多数のキーワードを登録する必要はありません。

類似パターン
構文が密接に関連する語句「振り込み」と「振込」
意味が同じで語順が異なる語句 “赤い シューズ”と「ランニング シューズ 赤」
検索の意図に影響しない単語“冬のぼうし”と「冬 ぼうし セール」
一部語句を省略した表現“ステレオ用ヘッドセット”と「ステレオ ヘッドセット セール」
類義語や言い換え“スイム ウェア”と「赤い 水着」
検索意図が同じ語句“無料素材 画像”と「フリー素材 野球の画像」
引用元:キーワードのマッチタイプについて

部分一致

部分一致は、指定したキーワードに関連する内容の検索が広告の表示対象となり、キーワードの語句が入っていない検索にも表示することができます。
そのため、より多くのユーザー広告の配信を行うことができます。

部分一致はデフォルトのマッチタイプとなっており、独自の表記はなくキーワードをそのまま入力することで部分一致になります。

部分一致:keyword

部分一致キーワード広告が表示される検索語句の例
低炭水化物 ダイエット プラン炭水化物不使用 食品
ロカボ ダイエット
低カロリー レシピ
地中海 ダイエット 本
炭水化物摂取制限 ダイエット プログラム
引用元:キーワードのマッチタイプについて

部分一致のメリット

設定したキーワード以外に関連キーワードにも広告の配信を行うことができるため、より多くのユーザーに広告の配信を行うことが可能です。
より多くのユーザーに広告の配信を行うことで、ブランド認知の効果も期待することができます。

部分一致のデメリット

幅広い関連キーワードに広告を配信するため、コンバージョンにつながりにくいユーザーにも広告が配信されクリックされることにより、無駄な費用が発生してしまう可能性があります。

まとめ

リスティング広告は、キーワードの選定と設定が成果を左右する重要な要素となります。

今回の記事を参考に、キーワードのマッチタイプを上手に使用することで最適な広告運用を行ってくださいね。