店舗型ビジネスでWEB広告を配信されている事業者様で、WEB上では実店舗での購入という成果を計測することができず、正しい広告効果が分からないまま配信されている方も多いのではないでしょうか?

今回は実店舗ビジネスのWEBマーケティングご担当者様に向けて、Googleビジネスプロフィールを導入して広告経由での来店者数の計測、収益を可視化する方法をご紹介します。

Googleビジネスプロフィールとは?

Googleビジネスプロフィールとは、無料の店舗情報管理ツールです。

2021年まではGoogleマイビジネスという名称だったため、Googleビジネスプロフィールという名称にまだ馴染みが無い方もいらっしゃるかと思います。

ビジネスプロフィールにビジネス名や住所・営業時間などを登録することで、Googleマップや検索画面上に店舗情報を無料で表示させることができます。

ビジネスプロフィールを登録することでGoogleマップや検索画面上での自社ビジネスの視認性が向上することはもちろん、ユーザーの口コミへの返信をして顧客満足度を向上させたり、どの店舗がどれくらい閲覧されているのかといった情報を基に次の戦略を設計することも可能です。

また、Google広告と連携させることで、広告経由での来店者数の計測が可能となります。

引用元:ビジネスの登録とオーナー確認 – Google ビジネス プロフィール ヘルプ

Googleビジネスプロフィールの登録方法

事前確認

ビジネスプロフィールを登録するにあたり、2点事前に確認しておくべきことがあります。

Googleアカウントを取得しているか

ビジネスプロフィールの登録はGoogleアカウントにログイン後に可能となります。そのため、Googleアカウントを取得していない場合、ビジネスプロフィールを利用することが出来ません。登録方法については下記をご覧ください。

参照:Googleアカウントの作成 – Google アカウント ヘルプ

自社の店舗が既にオーナー登録されていないか

登録したい店舗が他者によってオーナー登録されている場合、1店舗につき1つのビジネスプロフィールしか登録できないため、ビジネスプロフィールを登録することが出来ません。
※第三者が登録した場合や以前同じ地点に店舗を構えていた事業者様が登録したままの場合などがあります。

既にオーナー登録されていた場合はオーナー権限をリクエストすることにより、自社の店舗のオーナー権限を取得することができます。

オーナー権限リクエストについては下記をご覧ください。

参照:ビジネスプロフィールのオーナー権限をリクエストする – Google ビジネス プロフィール ヘルプ

登録の手順

  1. Googleビジネスプロフィールのログイン画面を開く
  2. ビジネスの名前を入力する
  3. ビジネスカテゴリを設定する
  4. 実店舗ビジネスかどうかを選択する
  5. ビジネスの所在地を入力する
  6. 電話番号とウェブサイトのURLを登録する
  7. オーナー確認のオプションを選択する

以上でビジネスプロフィールの登録は終了となります。オーナー確認はそれぞれの手順に沿って対応を進めてください。

引用元:ビジネス プロフィールに登録する – Google ビジネス プロフィール ヘルプ

GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告の連携方法

Google広告で広告経由での来店者数を計測するためにはビジネスプロフィールとGoogle広告を連携させる必要があります。

以下、連携手順となります。

1.Google広告アカウントにログイン

2.+ボタンをクリックし、「広告と広告表示オプション」から「住所表示プション」を選択

3.アカウントを選択し、「続行」をクリック

4.Googleビジネスプロフィールにログイン

5.「Google広告にリンク」から対象のGoogleアカウントを承認

これでGoogle広告とビジネスプロフィールの連携は完了となり、Google広告経由での来店者数の計測が可能となります。

事例のご紹介

ここでは弊社とお付き合いいただいている店舗型ビジネスの事業者様で、GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告を連携させて来店者数の計測と推定売上の試算によって実店舗での推定売上を最大化した事例をご紹介します。

アパレル系の店舗型のお客様で、GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告を連携させ、店舗での想定収益の可視化と想定ROASの改善が実現した事例です。

実施施策

GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告の連携前はウェブサイト内の店舗詳細ページ閲覧をマイクロコンバージョンとし、マイクロコンバージョンのCPA改善にフォーカスした広告配信を実施していたため、実際にどれ程の店舗での売上に貢献出来ているかが見えていない状況でした。

ビジネスプロフィールとGoogle広告を連携させてGoogle広告経由での来店者数を計測できるようにしたことにより、実際の店舗での来店時の購入率や平均購入単価を当てはめ、広告経由での想定収益の算出が可能となりました。

Google広告での改善結果

想定収益・想定ROASを可視化することにより、収益にフォーカスしてアカウントの改善を進めることが可能となりました。その結果、予算の違いによる想定購入人数の増減はあったものの、想定ROASが導入後4ヶ月で想定ROASが135%上昇しています。

※運用開始後4ヶ月目と1ヶ月目の比較

まとめ

今回は店舗型ビジネスのご担当者の方に向けて、Googleビジネスプロフィールの登録方法からGoogle広告配信においての重要性までご紹介させていただきました。

Googleビジネスプロフィールを登録することで、広告経由での収益を可視化することはもちろん、ビジネスプロフィールでもユーザーとの接点を増やすことができるなどのメリットがあります。

運用型広告に関する無料診断も行っておりますので、お悩みごとやご相談がございましたら株式会社AZまでお気軽にお問い合わせください。