前回は、データ抽出の基本となるSQLの「SELECT文」についてご紹介いたしました。
SELECT文だけでもデータの抽出は可能です。

今回は、データの追加や削除という、データの加工についてのSQL文「INSERT文」「UPDATE文」「DELETE文」のご紹介を行っていきます。

データを削除・追加するSQL文

今回は、下記で太字になっている「INSERT文」「UPDATE文」「DELETE文」についてご紹介いたします。

SELECT文 → データを取得する命令
INSERT文 → データを追加する命令
UPDATE文 → データを追加する命令
DELETE文 → データを削除する命令

練習用テーブル

前回使用したテーブルを使用し、今回も例題をご紹介していきます。

ある会社の従業員のデータとなっており、テーブル名は「Employee_list」です。

●従業員名簿(Employee_list)

社員名 , name 住所 , area 性別 , gender 年齢 , age 交通費 , expenses
山田 大阪 45 1,360
前田 京都 26 1,820
大林 兵庫 35 1,480
中村 奈良 32 1,640
佐々木 大阪 56 720
小松 大阪 28 900
長崎 滋賀 48 2,680

INSERT文/新規追加

データを新規に追加する命令文は、「INSERT」を使用します。
「追加する列名を記載する命令分」と「追加する列名を記載しない命令文」の2種類があります。
それぞれ、ご紹介していきます。

追加する列名を記載するINSERT文

値には、列と同じ位置に値を記述、値がない場合には、NULLと記載します。

INSERT INTO テーブル名 (列名1,列名2) VALUES (‘値1′,’値2’);
例題1:
「練習用テーブル/従業員名簿」に下記の従業員のデータを追加。
社員名:山本、住所:兵庫、性別:男、年齢:36、交通費:1,720

●命令文
INSERT INTO Employee_list.Employee_list(name,area,gender,age,expenses) VALUES(‘山本’,’兵庫’,’男’,36,1720);

●実行結果

BigQueryのデータを確認してみます。
きちんと追加されていますね!

追加する列名を記載しないINSERT文

テーブルの列名の位置に対応してvaluesの値を指定、全てのテーブルの列名を記述する必要はありません。

INSERT INTO テーブル名 VALUES (‘値1′,’値2’);
例題2:
「練習用テーブル/従業員名簿」に下記の従業員のデータを追加。
社員名:大塚、住所:大阪、性別:女、年齢:24、交通費:890

●命令文
INSERT INTO Employee_list.Employee_list VALUES(‘大塚’,’大阪’,’女’,24,890);

●実行結果

BigQueryのデータを確認してみます。
きちんと追加されていますね!

BigQueryのデータを確認してみます。
こちらも、きちんと追加されていますね!

UPDATE文/更新

「UPDATE文」は、今あるデータの更新を行う際に使用する命令文です。

UPDATE テーブル名 SET 列名1 = 値1 [,列名2 = 値2] WHERE (条件);
※set句に更新する列名と値を記述、更新列が複数ある場合はカンマ区切り。
例題3:
「練習用テーブル/従業員名簿」の山田さんの住所を大阪から和歌山に変更、交通費を1,820円から2,220円に変更

●命令文
UPDATE Employee_list.Employee_list SET area = ‘和歌山’, expenses = ‘2220’
WHERE name = 山田;

●実行結果

BigQueryのデータを確認してみます。

更新前のデータと比較してみます。
きちんと更新されていますよね!

DELETE文/削除

今あるデータを削除する命令文は、「DELETE」を使用します。
この命令文は、条件の指定を行わなければ全てのデータが削除されてしまいますので、注意が必要です!

DELETE FROM テーブル名 WHERE (条件);
※条件に合致した行を削除、WHERE句で条件の指定がない場合は全行削除。
例題4:
「練習用テーブル/従業員名簿」の小松さんのデータの削除の実施。

●命令文
DELETE FROM Employee_list.Employee_list WHERE name=’小松’;

●実行結果

BigQueryのデータを確認してみます。

更新前のデータと比較してみます。
きちんと削除されていますよね!

まとめ

今回は、データの「新規追加」「更新」「削除」をするためのSQLの命令文をご紹介いたしました。

前回と今回でご紹介したSQLの4つの基本命令文を利用することで、顧客データを総合的に分析行うことが可能です。
ぜひ、ビジネスデータの分析を行い、ビジネスの成長を加速させていってくださいね!