2021年4月14日に、Yahoo!から「マッチタイプの一部変更」についてリリースが発表されました。

引用元: マッチタイプの一部変更について

キーワードマッチタイプの仕様変更の詳細

検索広告のマッチタイプ「絞り込み部分一致」を終了し、「フレーズ一致」と統合。
「絞り込み部分一致」を指定していたキーワードは、統合後は「フレーズ一致」として配信。

「フレーズ一致」の動作を拡大し、キーワードの語順による制限を廃止。

検索広告のマッチタイプ「絞り込み部分一致」を終了し、「フレーズ一致」と統合。
画像引用元: Yahoo!媒体資料:マッチタイプの変更について

適用日

【2021年6月ごろ】
絞り込み部分一致のキーワードの動作を、フレーズ一致のキーワードの動作に切り替える変更を開始。
※変更はアカウント単位で順次実施。
※変更後に絞り込み部分一致で入稿したキーワードは、フレーズ一致のキーワードとして動作。

【2021年7月ごろ】
絞り込み部分一致のキーワード作成を停止。


画像引用元: Yahoo!媒体資料:マッチタイプの変更について

対象商品

Yahoo!広告 検索広告

キーワードマッチタイプの仕様変更によるメリット

  • 複数のマッチタイプを使い分ける必要がなくなり、運用工数を削減
  • 語順にこだわらない絞り込み部分一致の動作をフレーズ一致と統合することで、リーチの拡大を期待
  • 語順によって意味が異なる場合には、従来どおり語順を考慮した配信を実施

キーワードマッチタイプの仕様変更によるメリット
画像引用元: Yahoo!媒体資料:マッチタイプの変更について

キーワードマッチタイプの仕様変更による影響

1.絞り込み一致とフレーズ一致で同一のキーワードを設定している場合、フレーズ一致への統合によりキーワードが重複するため、キーワードごとの配信実績が分散する可能性がある。
→どちらかのマッチタイプのキーワードの削除を推奨。

2.従来の絞り込み部分一致で広告表示できていた内容で、統合後に広告が表示されないパターンが発生。
従来の絞り込み部分一致で広告表示できていた内容で、統合後に広告が表示されない
画像引用元: Yahoo!媒体資料:マッチタイプの変更について

まとめ

Googleに続き、Yahoo!もマッチタイプの仕様変更がリリースされました。

6月ごろから順次アカウントに適用されていくため、アカウントのキーワードの動作統合が行われる正確な日程はわかりません。

マッチタイプの仕様変更に向けて、今後新規作成するキーワードは、フレーズ一致で作成するようにしていくようにしていきましょう。