Yahoo!広告において 、2022年5月18日より新しいコンバージョン測定の目的への全対応と、旧形式レポートの終了についてのリリースがありました。

しいコンバージョン測定の目的への全対応と、旧形式レポートの終了について

新しいコンバージョン測定の目的への全対応

アプリコンバージョンと一部レポート表示のみ対応していたコンバージョン測定の目的を、ウェブページなど全てのコンバージョンに対応すると発表がありました。

この変更により、コンバージョン測定の目的が20種類に変更となり、ビジネス目標に即したコンバージョンを選択することが可能となります。

新しいコンバージョン測定の目的

コンバージョン測定の目的は、「データのインポート」が「有望な見込み客」と「取引履歴のある見込み客」に細分化され全部で20種類となりました。
なお、「販売促進」は、別のコンバージョン測定の目的に変更となりました。

コンバージョン測定の目的で選択可能なコンバージョン種別

「コンバージョン測定の目的」で選択可能なコンバージョンの種別は下記となります。
赤色記載の箇所は、新たに設定できるようになったものや変更が発生したものとなります。

コンバージョン測定の目的ウェブページ電話発信インポートアプリ
ダウンロード×××× ※1
購入/販売※2
お申し込み※2
主要なページの閲覧××
定期購入※2
見込み客のフォーム送信※2
予約※2
見積もりのリクエスト※2
ルート・乗換案内※2
離脱クリック※2
連絡先※2
その他※2
カートに追加×
決済の開始×
架電×
タグの発火×
実店舗に来店×
実店舗で購入×
有望な見込み客×
取引歴のある見込み客×
販売促進 ※3××××
引用元:Yahoo!JAPAN広告 新しいコンバージョン測定の目的について

1 ダウンロード
※2 アプリ測定パートナーから読み込むイベント
※3 「販売促進」は別のコンバージョン測定の目的に変更されたためご利用いただけません

新しいコンバージョン測定のリリーススケジュール

従来のコンバージョン測定の目的は、新しいコンバージョン測定の目的に自動移行が行われます。

【実施期間(予定)】
2022年5月18日(水):API、広告管理ツールの提供開始
2022年5月19日(木)~2022年5月31日(火):新しいコンバージョン測定の目的自動移行期間
日程は変更になる場合があります。

コンバージョン測定の目的の自動移行時の注意点

  • 自動移行する新しいコンバージョン測定の目的を、事前に任意で指定することはできません。
  • 自動移行された新しいコンバージョン測定の目的と異なるものを設定する場合は、ご自身でコンバージョン設定情報の変更を行う必要があります。
  • 移行期間中のコンバージョン測定の目的の変更は可能です。
    ご自身で新しく設定したコンバージョン測定の目的に設定変更された場合、自動移行後も設定が維持されます。
  • 既存のコンバージョンタグに変更はありません。ウェブサイトに設置済みのコンバージョンタグは、変更なしで引き続き利用可能です。

リリース当日および自動移行期間の注意点

  • リリース当日は、コンバージョン測定タグが首都高可能になるまでに数時間要する必要があります。
  • 移行期間中は、設定済みの「コンバージョン測定の目的」で新旧が混在して表示される場合があります。
  • 移行期間中は、作成済みのコンバージョン測定の目的「販売促進」は編集画面では「その他」で表示される場合があります。

旧形式のパフォーマンスレポートの提供終了

2021年10月20日にテンプレート作成機能の利用が終了した従来のパフォーマンスレポート(旧形式のパフォーマンスレポート)は、2022年5月18日をもってレポートの作成機能が終了となります。

それに伴い、旧形式のパフォーマンスレポートのテンプレートが削除されます。

新形式のパフォーマンスレポート:2021年10月20日に提供開始となったパフォーマンスレポート
※従来のコンバージョン測定の目的で確認したい場合は、旧形式のパフォーマンスレポートが終了する2022年5月18日までにレポートの取得を行う必要があります。

画像引用元:新しいコンバージョン測定の目的について

対象サービス

Yahoo!検索広告

実施日

2022年5月18日(水)
日程は変更あり

まとめ

自動でコンバージョン測定の目的が設定されるため、予期せぬコンバージョン測定目標に設定される可能性があります。

自動移行が完了後、自社のビジネス目標に即したコンバージョン測定の目標に設定されているかの確認を必ず行うようにしてください。

また、従来のレポートの提供が終了してしまうため、まだ従来のレポートを利用している方は新レポートへの移行準備を進めていくことをおすすめいたします。