Yahoo!ディスプレイ広告より、「サーチキーワードターゲティングリスト「高度なセグメント」の提供開始」についてリリースがありました。

【ディスプレイ広告】サーチキーワードターゲティングの移行と提供終了について

概要

「サーチキーワードターゲティング」をオーディエンスリストターゲティングの1つとして集約した「高度なセグメント」の提供を開始。

詳細

集約前

「サーチキーワードターゲティング」では、指定可能な候補一覧からキーワードを選択してリストを作成し、当該キーワードを検索したユーザーに広告を配信する仕組み。

集約後

「高度なセグメント」では任意のキーワードを入力し、そのキーワードをもとに機械学習で最適なユーザーリストの作成が可能となり、入力したキーワードとユーザーの検索行動の類似性が高いユーザーに対して広告を配信する。

 

メリット

ユーザーの検索行動とキーワードに基づいた広告の配信となることで、よりターゲットユーザーに対して関連性の高い広告配信が可能になり、広告の配信効率が向上する見込みがある。

注意点

  • 入力するキーワードは審査が行われ、広告データ利用基準に抵触するキーワードは登録不可。
  • 「サーチキーワードターゲティング」は提供終了予定のため、今後は「高度なセグメント」に移行が必要。
  • 広告配信に利用する検索履歴の有効期限に関して、検索期間や検索回数の指定は不可。
  • 検索ワードごとの分析レポートの出力はなし。

補足

  • 「高度なセグメント」のリスト作成後、ユーザーリストが蓄積されるまで1~2日ほど必要。
  • 1キーワードは25文字以内まで。
  • キーワードの設定は最大50件まで。

実施日

  • リリース済み ※「高度なセグメント」の提供開始:リリース済み ※2023年12月11日(月)
  • 「サーチキーワードターゲティング」の提供終了:2024年秋頃(予定)

ウェブ広告をはじめ、ウェブマーケティングに関する不安や疑問を無料でスッキリ解決しませんか?

当社では、事業会社様向けにデジタルマーケティングについてのお悩み、貴社の課題に
対して専任のコンサルタントによる無料の個別相談会を毎週金曜に定期開催しております。

運用型広告に関するお悩みごとだけでなく、マーケティングから技術的なことまでお気軽にご相談ください。