Yahoo!ショッピング広告において、「検索連動型ショッピング広告の提供開始」についてリリースがありました。

検索連動型ショッピング広告の提供開始

概要

Yahoo!検索において、コマース検索モジュールに新たに商品情報を掲載できるサービスの提供を開始。

▼掲載イメージ

Yahoo!ショッピング広告

詳細

商品情報を掲載できるサービスとして、下記2つが追加される。

<検索連動型ショッピング広告(以下、「SSA」と表記)>スマートフォンのみ対応

  • スマートフォンのコマース検索モジュールの最上部に広告として商品情報を掲載することが可能
  • 広告のクリックが発生した際に、料金が発生(クリック課金型)
  • 広告管理ツール上で配信設定が可能

Yahoo! JAPAN商品情報掲載(以下、「商品情報掲載」と表記)>パソコン、スマートフォンに対応

  • 商品名や品番などの検索時に、パソコンおよびスマートフォンのコマース検索モジュール内に商品情報を掲載することが可能
  • 商品情報掲載を経由して購入が行われた場合に、料金が発生(成果報酬型)
  • 商品情報データの連携で運用ができ、広告管理ツール上での配信設定はなし

利用条件

  • SSAの利用には、商品情報掲載への掲載開始が必須。(商品情報掲載のみの利用は可能。)
  • 商品情報掲載の利用には、SSAアカウントの取得と、商品管理システムの「LINE Merchant System」への商品フィードの連携が必要。
  • ブランド公式サイトなどのEC(ショッピング)サイト、またはEC(ショッピング)モールであること。(ECモール上の店舗サイトは対象外。)
  • ウェブ上でサービスを展開していること。(アプリのみで提供しているサービス、まとめサイト、個人間取引サービスは対象外。)
  • サイト上で決済完了まで可能であること。

メリット

  • SSAを利用することで、コマース検索モジュールの最上部で訴求したい商品をアピールできる
  • 検索結果から直接サイトの商品詳細ページや購入ページに遷移できるため、商品購入への導線を強化することが可能
  • ユーザーがクリックをする前に事前に商品の情報などがわかるため、購買意欲向上に貢献することが可能。

備考

SSAを含むコマース検索モジュールの仕様変更等により、YSAの掲載位置が変動する可能性がある。

補足

  • 商品情報はYahoo! JAPAN独自のアルゴリズムに従って商品情報を掲載するため、掲載を保証するものではない。
  • 商品情報の掲載までには10営業日前後の時間が必要(商品フィードの作成時間は除く)となり、また、検索連動型ショッピング広告の開始には、商品情報掲載の開始後さらに10営業日程度の時間が必要。
  • 現時点で商品フィード登録の上限数は30万SKUまで。
  • 一部販売不可の商品ジャンルあり。

実施日程

  • リリース済み ※2023年12月5日(火):検索広告(ショッピング)のアカウント取得機能と、商品情報掲載の提供を開始。
  • リリース済み ※2024年1月10日(水)より順次(予定):検索連動型ショッピング広告の配信を開始。

プロの代理店が実施しているアカウントチェックを【無料】で受けてみませんか?

弊社では、事業会社様向けに運用型広告専業代理店である当社が長年培ってきた社内チェックツールを使用した「広告アカウントの無料診断」のご提供を行っております。
診断は無料ですので、お気軽にお申込みください。