Yahoo!検索広告において2023年6月20日より、「マッチタイプ「部分一致」の判断要素追加」についてのリリースがありました。

マッチタイプ「部分一致」の判断要素追加について

概要

Yahoo!検索広告においてマッチタイプ「部分一致」の判断要素に「ランディングページの内容」と「同じ広告グループ配下にある他のキーワード」が追加されました。

判断要素追加のメリット

判断要素が加わったことにより、多くのユーザーにアピールできる部分一致のメリットを保ったまま、より精度の高い広告表示が可能となります。

「青梅」という検索キーワードはユーザーによって探したい意図が以下のように異なる場合がある。

  • 地名(東京都青梅市など)
  • 食品(梅の果実、梅酒の材料など)

この場合でも、従来の判断要素である「ユーザーの過去の検索行動」に加え新たな追加要素を加味することで、ユーザーの検索意図をくみ取った広告表示に対応することが可能になります。

補足

マッチタイプ「完全一致」と「フレーズ一致」への要素の追加はなし。

実施日

リリース済み ※2023年7月10日(月)

当社では、事業会社様向けにデジタルマーケティングについてのお悩み、貴社の課題に
対して専任のコンサルタントによる無料の個別相談会を毎週金曜に定期開催しております。

運用型広告に関するお悩みごとだけでなく、マーケティングから技術的なことまでお気軽にご相談ください。