WEB解析の分析ツールとして欠かせないGoogleAnalytics。
その新バージョンである「GoogleAnalytics4」が、2020年10月にリリースされました。

GoogleAnalytics4はまだまだ開発中のプロダクトでありできないこともあるため、ユニバーサルアナリティクスをメインに分析していく必要があります。

しかし、今後のGA4の本格的導入に向けて、WEBサイトに実装しデータの蓄積を行っていくことをおすすめします。

そこで今回は、GoogleAnalytics4の基本の基本である、GoogleAnalytics4の2種類の設定方法をご紹介します。

新規にGA4のプロパティを作成

1.以前のバージョンのユニバーサルアナリティクスと同様、アカウントの作成をクリック、新規にアカウントを作成していきます。
新規にアカウントを作成

2.アカウント名を入力して、次へをクリックしてください。
アカウントのデータ共有設定は、ご自身の希望により選択を行ってください。
アカウント名を入力

3.プロパティ名を入力し、レポートのタイムゾーンと通貨の設定を行ってください。
以前のバージョンのユニバーサルアナリティクスも作成する際は、「詳細オプションを表示」をクリックし設定していきます。
プロパティ名を入力、レポートのタイムゾーンと通貨の設定

4.ユニーバーサルアナリティクスプロパティの作成を行う際は、ONに変更してください。
以前のバージョンのユニバーサルアナリティクスのみの作成も可能ですが、今回は、以前のバージョンのユニバーサルアナリティクスとGoogle Analytics4の作成も同時に行っています。
ユニバーサルアナリティクスの設定

5.ビジネス情報の入力を行い、作成をクリックしてください。
ビジネス情報の入力を行い、作成をクリック

6.Google Analyticsの利用規約に同意することで設定が完了です。
利用規約に同意

7.Google Analytics4を設置するドメインの設定を行います。
ストリームの設定

8.拡張計測機能の設定を行い、保存をしてください。
拡張計測機能の設定

9.Google Analytics4用の設置タグが表示されますので、設置をしてください。
設定完了

10.プロパティからから確認していただくと、2種類のGoogle Analyticsが作成されていることが確認できます。
2種類のGoogle Analyticsの作成が完了

こちらで設定は完了です!

Google Analytics4のプロパティを追加

ここからは、今、以前のバージョンのユニバーサルアナリティクスのGoogleAnalyticsを設置しているが、追加でGoogleAnalytics4を設置するための方法をご紹介していきます。

1.プロパティのGA設定アシスタントをクリックしてください。
GoogleAnalytics4へのアップデート

2.GoogleAnalytics4プロパティの作成をクリックしてください。
GoogleAnalytics4のプロパティの作成

3.GoogleAnalytics4の作成が完了いたしました。
GoogleAnalytics4の設定完了

GoogleAnalytics4の作成を行っても、ユニバーサルアナリティクスはそのまま残っていますのでご安心ください。

まとめ

今回は、GoogleAnalytics4の設定方法についてご紹介いたしました。

ユニバーサルアナリティクスではできるが、GoogleAnalytics4ではできないことがあるため、いきなりGoogleAnalytics4への移行はまだ難しい状況ですが、データの蓄積のためにも並行導入を行ってみられてはいかがでしょうか?