ECサイトの利用をされる方が増えている中、競合争いも激化しているECサイト市場ですが、思うように成果が伸びず悩んでいたりはしませんでしょうか?

ECサイトの運用の中で重要となってくるのがショッピング広告です。
ショッピング広告はユーザーの検索内容に合わせてデータフィードを連携させることにより商品画像で訴求可能な広告フォーマットですが、現在ではP-MAXキャンペーンやYouTube広告にもデータフィードの設定が可能となっています。
今回は、競合と一歩差をつけるGoogle ショッピング キャンペーン広告の活用方法をデータフィードの最適化を含めご紹介いたします。

Google ショッピング キャンペーン広告とは?

Google ショッピング キャンペーン広告とはGoogle 広告のサービスの1つで、Googleで検索した際に検索キーワードと関連性の高い商品が表示される検索連動型の広告です。

Google 広告でショッピング キャンペーン広告を作成することで、Google 検索のショッピングタブや、Google 画像検索、Google ディスプレイ ネットワークなどに広告が掲載され、商品の情報が見込み顧客に表示されるようになります。

通常の検索広告とは異なり画像が表示されるため、より視覚的に商品情報をユーザーに理解を深めてもらうことが可能となっています。

画像以外にも、商品の価格やショップ名など様々な情報を在庫状況に応じて掲載することができるECに特化した広告となっています。

データフィードと呼ばれる商品情報をGoogle Merchant Centerにアップロードし、それをGoogle 広告に連携することで、Google 広告のシステムが検索語句を解析し、ユーザーの検索語句に基づいてデータフィードから広告を表示する仕組みになっています。

《参照》Google ショッピングの仕組み

データフィードとは?

ひとことで表すと、「商品の情報」となります。

ECサイトにはたくさんの商品があり、商品の入れ替えや価格の変更もあります。全ての商品の新鮮で正しい情報を、機会損失がないように広告で表現するための仕組みがデータフィードです。

データフィードを使うことで、全ての商品が広告として表示できるようになります。
データフィードについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

Google ショッピング キャンペーン広告のメリット

Goggle ショッピング キャンペーン広告のメリットについてご紹介いたします。

1.Googleのページ上部に表示が可能

PC・スマートフォンともに、Google ショッピング 広告はページの上部に表示されます。

広告の表示面積が大きく顧客の目にも付きやすいため、クリック率が良い傾向にあり購入に至る可能性が高くなります。

2.商品詳細ページへの直接誘導

Google ショッピング広告は、データフィードにて事前に設定された商品画像や商品詳細情報が表示されているため、顧客はニーズにあった商品を見つけることが可能です。

広告から直接ECサイトの商品詳細ページに誘導することができるため、容易に購入まで行えます。

3.ロングテールに強い

データフィードをもとにキーワードが生成されるため、手動でキーワードを設定するよりも網羅的にロングテールへ訴求することが可能です。

ショッピング広告について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ショッピング広告の改善施策

まず売上の要素を分解して、どこを広告で改善できるかをおさらいしておきます。

赤枠の「表示回数」「クリック率」「CVR」「客単価」を優先順位をつけて改善することが重要となりますが、今回はデータフィードで改善可能な「表示回数」「クリック率」に絞って説明していきたいと思います。

データフィードの最適化のポイント「3選」

表示回数を増やす

1.データフィードの項目を出来る限り設定

必須項目のみならず、推奨項目に関しても出来るだけ入力を行うことでより詳細な商品情報になるため、表示機会が増える傾向にあります。これは顧客が検索した語句が商品情報により多く含まれている方が関連度が高いと言えるためです。

そのため、推奨項目であっても出来る限り情報を入力しましょう。

2.不承認アイテムに注意

Google ショッピング キャンペーン広告では広告の表示や掲載結果に商品フィードが影響します。不承認となった精進はGoogle ショッピング キャンペーン広告と無料リスティングで表示されないため、不承認の原因を特定し解決することが必要となります。より良い成果を出すためには全ての商品を「承認済み」にすることが望ましいです。

《参照》商品データ品質の違反による不承認について

まずはGoogleマーチャントセンターにてアイテムのステータスを確認してみましょう。

連携しているデータにエラーがある場合などは、画面右下のアイコンよりCSVをダウンロードすることでエラー内容を確認することが可能です。

クリック率を高める

3.商品フィードのタイトルの最適化

広告として表示された際に、顧客に見える部分に伝えたい情報を設定していくことが必要となります。実際の広告の表示は最初の35文字程度が表示されますが、表示された重要な機会をものにするために、タイトルの先頭になるべく重要な要素を設定しましょう。重要な要素とは、「ブランド名」、「カテゴリー名」、「カラー」、「サイズ」、「性別」などとなります。

例:エーズィー ストライプTee Tシャツ ホワイト Sサイズ メンズ

まずは商品フィードのタイトルを最適化し、広告が表示された機会にしっかりとユーザーの興味を惹いてクリック率を高めていきましょう。

まとめ

さまざまな企業が参入してきているECサイト市場ですが、そんな中で競合と差をつけることが重要となってきます。今回はデータフィードの最適化について、「表示回数を増やす」「クリック率を高める」の2つの要素について「3選」まとめさせていただきました。この機会にデータフィードの見直しを行ってみてはいかがでしょうか。

株式会社AZではECのマーケティング支援を強みとしております。ECサイトのウェブ広告アカウント診断も行っておりますので、御悩み事やご相談がございましたら株式会社AZまでお気軽にお問い合わせください。