Googleアナリティクス4でデータドリブンアトリビューションが利用可能になったというリリースがありました。

参考リンク:What’s new January 7, 2022

データドリブンアトリビューションとは

ユーザーがコンバージョンに至った過程に基づいて、キャンペーンなど各タッチポイントに貢献度を割り当てる枠組みです。どのタッチポイントがコンバージョンに影響を与えたか、より実態に近い内容を把握することができます。

参考:[GA4] アトリビューションとアトリビューション モデリングについて

今回のアップデート内容

今回のアップデート内容は2つあります。

アトリビューションレポートでデータドリブンアトリビューションが利用可能に

アトリビューションレポートのコンバージョン経路とモデル比較で、データドリブンアトリビューションが利用可能になりました。

プロパティ単位のレポート用のアトリビューションモデルでデータドリブンアトリビューションが利用可能に

プロパティ全体に適用されるアトリビューションモデルでデータドリブンアトリビューションが利用可能になりました。イベントスコープのトラフィックディメンション(キャンペーン、参照元など)を利用するレポートにおける、コンバージョン数や収益などに反映されます。アトリビューションレポートに影響はありません。

メリット

今回のアップデートのメリットは以下が挙げられます。

  • 成果が良いキャンペーンなどのタッチポイントを把握できる
  • 注力する広告の判断など、広告配信の最適化に利用できる

利用要件について

Googleアナリティクス4ではデータドリブンアトリビューションの利用に要件はありません。
従来は有料の「Google アナリティクス 360」を利用した上でコンバージョン数の要件などがありましたが、Googleアナリティクス4では要件無しで利用できるようになっているため、どのアカウントでも利用できます。

アトリビューションレポートでデータドリブンアトリビューションを選択する方法

アトリビューションレポートでは、以下のようにデータドリブンアトリビューションを選択できるようになっています。

▼広告ワークスペースでレポートを選択

広告ワークスペースでレポートを選択

▼モデル比較レポート

モデル比較レポート

▼コンバージョン経路レポート

コンバージョン経路レポート

レポート用のアトリビューションモデルの設定方法

レポート用のアトリビューションモデルをデータドリブンアトリビューションに設定する方法をご紹介します。「参照元 / メディア」などのイベントスコープのトラフィックディメンションを利用したレポートのコンバージョン数や収益に影響します。

管理 > プロパティ > アトリビューション設定

レポート用アトリビューションモデルの設定 プロパティ アトリビューション設定

レポート用のアトリビューションモデル > データドリブンを選択

レポート用アトリビューションモデルの設定 データドリブン選択

まとめ

Googleアナリティクス4でデータドリブンアトリビューションが利用可能になったことをご紹介しました。
ユーザーがコンバージョンに至るまでの行動が複雑化している中で、データドリブンアトリビューションは、より実態に即した分析に貢献するのではないでしょうか。