皆さんはFacebook広告のABテスト機能をご存知でしょうか?
この記事では「ABテストとはどんなもの?」から「Facebook広告ABテスト機能」までを紹介していきます。Facebook広告でABテストを試す機会がありましたら、ぜひ参考にしてみてください。

 

ABテストとは

ABテストとは、バナーやサイト、LPなど成果の良い方を判断したい時に使用する検証方法です。余談ですが、あのオバマ前大統領も2008年アメリカ大統領選挙の際、ウェブサイトを通じて寄付を募り、ABテストを使い驚くほどの改善を実現した話は、とても有名な話です。【参照元:How Obama Raised $60 Million by Running a Simple Experiment

ABテストは誰でも簡単にできる検証方法であると同時に誤った検証方法ですると臨んだ結果が得られず、ABテスト自体が無駄に終わってしまうこともある、恐ろしいものでもあります。
しかし、正しく検証することで、効果的に広告クリエイティブやサイトパフォーマンスを向上させることが可能になります。

 

正しくABテストをするために

まず、何を、何のために改善したいのかを考えます。
例えば、広告クリエイティブのCTR改善なのか等を具体的に決めます。

次に対象となる、広告クリエイティブの仮説を立てることが重要です。ABテストの精度を上げるにはここが大切なポイントです。

仮説を立て、テスト結果がでたら、テスト結果を反映しましょう。ABテストで検証をしたにも関わらず、テスト結果を反映しなければ、努力が水の泡になってしまいます。

 

Facebook広告 ABテスト機能

Facebook広告が提供しているABテスト機能をご存知でしょうか?
クリエイティブ、オーディエンス、商品セットなど、広告パフォーマンスを向上するために、ABテストを実施する事のできるツールになっています。

また、ABテストキャンペーン作成時に、設定した内容でどのくらい成果をだす事ができるのかを図る機能もついているので、とても便利なツールです。
※成果の悪いクリエイティブ配信されなくなる可能性もあります。

 

設定方法

 

1、まず、Facebook広告管理画面からテストをしたいキャンペーンを選択し、
ABテストのボタンをクリックします。

 

 

2、次に検証したい変数を設定します。
変数は全部で「画像」「動画」「広告テキスト」「年齢・性別」「保存済みのオーディエンス」「カスタム」の6種類あります。その中から今回は「画像」を選択します。

 

 

3、すると下記の画面になり、バージョンA(元々入っていた画像)バージョンB(検証する為の新しい画像)が表示されます。バージョンBの方に、検証したい画像入稿し右下の「次へ」をクリックします。

 

 

4、そして、下記画像の画面になるので、上から順に下記3点を設定していきます。

① 1日の合計予算
② テスト期間
③ 主な指標(CPC(リンククリックの単価)・購入の平均コスト・カスタムコンバージョン・標準イベント)

上記全ての設定が終わると左下に「テストの推定パワー」にその差を検知できる可能性=成功するであろう可能性をパーセントで図る事ができます。

これが設定前に成果がどのくらいだすことができるのかを図る事のできる機能になります。
テストが成功する可能性を高めるには、80%以上のパワーが得られる予算、スケジュールを設定します。

 

 

5、テスト作成をクリックすると、これで設定は完了です。

 

 

 

6、キャンペーン内の広告セットに自動でバージョンBの広告セットを作成し予算も、設定金額を均等に割って設定してくれます。

さいごに

いかがだったでしょうか?
FacebookのABテスト機能は、導入も簡単で、クリエイティブ以外の検証も可能な非常に便利な機能です。広告クリエイティブのABテストを実施してみたい方は、お客様のビジネスや目的に応じた検証方法をご提案させていただきますので、ぜひ弊社までお問合せください。