ECサイトを運営している方にぜひおすすめしたいのが「Google ショッピング広告」です。

今回は、ECに特化した広告「Google ショッピング広告」の特徴と導入手順をご紹介していきます。

Google ショッピング広告とは?

Google ショッピング広告とはGoogle 広告のサービスの1つで、Googleで検索した際に検索キーワードと関連性の高い商品が表示される検索連動型の広告です。

Google 広告でショッピングキャンペーンを作成することで、Google検索とウェブ上に広告が掲載され、商品の情報が見込み顧客に表示されるようになります。

通常の検索広告とは異なり画像の表示も可能となっており、より視覚的に商品情報をユーザーに理解を深めてもらうことが可能となっています。

画像以外にも、商品の価格やショップ名など様々な情報を掲載することができるECに特化した広告となっています。
Googleショッピング広告

Google ショッピング広告が今なぜ重要なのか?

日本でのスマートフォンの保有割合をみなさんはご存知でしょうか?

総務省のデータでは、2019年における個人のスマートフォンの保有保有率は67.6%となっています。
モバイル端末の保有状況引用元: 総務省「通信利用動向調査」

スマートフォンの普及にともなって、インターネットの利用率も年々上昇傾向にあります。
個人のインターネット利用率
引用元: 総務省「通信利用動向調査」

若い世代だけではなく、60代でも約90%の方がインターネットを利用しているというデータもあります。
属性別インターネット利用率
引用元: 総務省「通信利用動向調査」

インターネットは、人々の暮らしになくてはならない存在となっています。
インターネットでのEC市場の取引額も年々増加傾向にあり、今後もこの傾向は続くと予想されます。
日本のBtoC-EC市場規模の推移(単位:億円)
引用元: 電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました

EC市場での取引額の構成比では、2019年の物販系分野で10兆円を超えています。
引用元: 電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました

ECサイトの運営を行っている事業者の方は、ぜひこの流れにのってECサイトからの売上を向上していきたいですよね。
しかし、ECサイトを作成しただけではECサイトからの売上向上を行うのはなかなか難しいのが現状です。

そこで、ECサイトを運営している方にぜひご利用いただきたいのが、「Google ショッピング広告」なのです。

Google ショッピング広告の特徴

Google ショッピング広告は、オンライン店舗と実店舗の在庫を宣伝することで、サイトへのアクセスや実店舗への来店を増やすことが可能です。

テキスト広告ではテキストのみが表示されますが、ショッピング広告では商品の写真、名前、価格、店舗名など通常よりも視覚的な訴求力の高い形式で表示されます。

ユーザーが広告をクリックする前に商品の詳細を伝えることができるので、実際に購入する可能性の高いユーザーをサイトに呼び込むことができます。

Googleショッピング広告のメリット

ここからは、Googleショッピング広告のメリットをご紹介いたします。

Googleの一等地に表示が可能

PC・スマートフォンともに、Google ショッピング広告はページの上部に表示されます。

広告の表示面積が大きくユーザーの目に付きやすいため、クリック率が良い傾向にあり購入に至る可能性が高くなります。

クリック率が良い

クリック単価が安く費用対効果が良い

Google ショッピング広告は、配信の設定に手間がかかることもあり競合が少ないため、安いクリック単価でサイトへ誘導することができます。
通常の検索広告よりもクリック単価が安いため、費用対効果の良い広告です。

また、1回の検索に対して同じECサイトの商品が複数表示されることもあり、検索広告よりも露出度が高くなる傾向にあります。

ECサイトの商品詳細ページに直接誘導するためコンバージョン率が高い

Google ショッピング広告は、商品画像や商品詳細情報が表示されているため、ユーザーはニーズにあった商品を見つけることが可能です。

広告から直接ECサイトの商品詳細ページに誘導することができるため、容易に購入することができます。

ロングテール商品にも対応可能

登録した商品データが表示されるため、ニッチな商品であるロングテール商品にも自動的に広告として表示することができます。

そのため、幅広いニーズのユーザーに広告の表示を行うことができます。

Googleショッピング広告のデメリット

Google ショッピング広告は費用対効果の良い広告なのですが、Google Merchant Centerの開設や商品データの作成など、広告配信の設定に手間がかかります。

また、Google 広告の設定やGoogle広告の運用など、Google ショッピング広告を配信するには幅広い知識が必要となります。

Googleショッピング広告の表示場所

Googleショッピング広告は、下記の場所に表示されます。

  • Google 検索のショッピング タブ(一部の国のみ)
  • Google 検索(検索結果の横にテキスト広告とは別に表示されます)と Google 画像検索
  • Google 検索パートナー サイト(お客様のキャンペーンが検索パートナーを含める設定の場合)
    ※無料リスティングは対象外です。
  • YouTube、Gmail、Google Discover を含む Google ディスプレイ ネットワーク
    ※無料リスティングは対象外です。

引用元: ショッピング キャンペーンとショッピング広告について

Googleショッピング広告導入の流れ

ここからは、Googleショッピング広告の導入までの流れをご紹介いたします。

1.Google広告アカウントの開設

Google ショッピング広告を配信するための「Google広告」アカウントを開設します。

Google広告の登録

2.Google Merchant Centerの開設

商品情報を登録するための「Google Merchant Center」アカウントを開設します。

Google Merchant Centerの開設

3.Google Merchant CenterとGoogle広告を連携

Google Merchant Centerの歯車マークからメニューを開き、「リンクアカウント」をクリック。

Google 広告とGoogle Merchant Centerアカウントをリンク

「あなたのGoogle広告アカウント」の項目にご自身のGoogle広告アカウントが表示されていたら、「リンク」をクリックしGoogle広告アカウントにリンク申請を送ります。

もし、「あなたのGoogle広告アカウント」の項目にご自身のGoogle広告アカウントがない場合、「その他のGoogle広告アカウント」から「アカウントをリンク」をクリックしてください。

Google 広告とGoogle Merchant Centerアカウントをリンク

「その他のGoogle広告アカウント」の「アカウントをリンク」をクリックすると、下記のような画面が表示されますのでご自身のGoogle広告アカウントを入力しリンク申請を送ります。

Google 広告とGoogle Merchant Centerアカウントをリンク

4.ウェブサイトの所有権の確認と申請

Google Merchant Centerの歯車マークから「ビジネス情報」を開きウェブサイトのタブでショップのウェブサイトの所有権の申請を行います。
その後、下記の4つのいずれかの方法でウェブサイトの所有権を確認を行ってください。

  1. HTML タグを追加する
  2. HTML ファイルをアップロードする
  3. ウェブサイトを Google タグ マネージャーに接続する
  4. ウェブサイトを Google アナリティクスに接続する
ショップのウェブサイトの所有権の確認と申請

5.Google 広告アカウントでリンク申請の承認

Google 広告アカウントにGoogle Merchant Centerからの申請が届いていますので「表示」をクリック。

Google 広告とGoogle Merchant Centerアカウントをリンク

申請内容に問題がなければ「APPROVE」をクリックすることで連携ができます。

Google 広告とGoogle Merchant Centerアカウントをリンク

「APPROVE」をクリックすると、ステータスが「リンク済み」となります。

Google 広告とGoogle Merchant Centerアカウントをリンク

6.商品情報(フィード)の作成と登録

Googleの商品データ仕様にそって、商品情報の作成を行います。
完成データを、Google Merchant Centerに登録します。

登録後、Googleのショッピング広告のポリシーにそっているかの審査が行われます。

7.ショッピングキャンペーンの追加

Google 広告の計測用タグの設定とショッピングキャンペーンの作成を実施。
商品情報の審査が完了次第、ショッピング広告の配信が開始されます。

Google ショッピング広告の効果改善ポイント

ここからは、Google ショッピング広告の改善ポイントについてご紹介していきます。
こちらを参考に、ぜひGoogle ショッピング広告の改善を行ってみてください。

除外キーワードの設定

Google ショッピング広告は検索連動型の広告ですので、どのような検索語句で商品にたどり着いたかを確認することができます。
そのため、検索語句の確認を行い不要な語句の除外を行うことで広告のパフォーマンスの向上を行うことができます。

Googleショッピング広告の効果改善方法

商品情報(フィード)データの最適化

まずは、フィードの商品情報を詳細に登録することが重要です。

また、商品名に具体的な商品情報を含めたり、英語の表記を日本語の表記にすることで、広告のパフォーマンスの向上を見込むことができます。

商品名の具体定期な改善方法は、「データフィード広告とは?EC広告に欠かせないデータフィードを使った広告を徹底解説!」でご紹介していますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

最適な予算配分

売れ筋の商品にできるだけ予算を配分することができるように、広告アカウントのキャンペーンやグループの構成の構築をすることをおすすめいたします。

まとめ

Google ショッピング広告は、スマートフォンの一等地に広告の表示を行うことができ、ECサイトへ直接誘導することができるため購入に至る可能性が高い広告となります。

また、Google ショッピング広告では、商品の写真や価格など商品の詳細情報を掲載することができるため、視覚的な訴求力の高い広告となっています。

今回は、ECサイトを運営している事業者の方にはぜひ導入していただきたい、Google ショッピング広告をご紹介いたしました。

インターネットでのEC市場の拡大傾向にある今、Google ショッピング広告を導入していただくことでビジネスの拡大を目指していきましょう。

公式ECサイトのウェブ広告運用の不安や疑問を【無料】で解決しませんか?

弊社は、ECサイトの黎明期より、ECサイトの運用型広告に特化した専業代理店として、数々のECサイトの広告運用を専門的に行っております。
当社のEC広告の専門代理店のコンサルタントが、ECサイトの広告運用で最も優先度が高いポイントの診断を行う「ECサイトでのウェブ広告無料診断」を行っております。自社ECサイトの成長のため、成長スピードの向上のため、運用型のウェブ広告のご利用、最適化は重要な課題になります。
自社のECサイトの広告運用が最適な設計で運用できているか不安少しでも不安がある方は、お気軽にお申込みください。