運用型広告

運用型広告について

検索連動型広告(リスティング広告)

運用型広告の代表格。検索連動型広告

検索エンジンの図

ユーザが検索したキーワードに反応して自社が訴求したい広告文を表示させることができるのが検索連動型広告、いわゆるリスティング広告です。 ユーザは既にそのキーワードで検索している状態(能動的かつリアルタイム)なので、モチベーションが高く、今、自分のニーズに合った情報を欲しいと思っています。 この時に、ユーザの心をつかむ広告文でクリックを誘うため、非常に成約確度が高い施策です。

ただし、ユーザが検索しないと見せることができない「待ち」の広告施策でもあります。 検索需要が少ないキーワードは表示回数も少なく、逆にたくさん検索されているキーワードは人気が高く広告費が高くなる傾向があります。

Yahoo!JAPAN、Googleでの検索連動型広告の表示例(「レストラン 予約」と検索) 広告は自然検索より上位に表示されます。(表示される件数は変動) 1クリック当たりの価格に対して入札するオークション制で、クリックされるごとに課金されます。 対象となるキーワードに複数の広告主が入札した場合、入札に勝たなければ上位表示されません。 (もしくは表示されない)

日々の運用では、狙うべきキーワードを選別する、入札価格を押さえつつよいポジションに表示されるよう入札価格を調整する、適切な広告文を設定する、表示オプション機能を設定する、など、 常に最適化をしていきます。

検索連動型広告のメリットと仕組み

検索連動型広告と自然検索の結果は見た目上似ています(KWで検索して表示される)。
自然検索で上位表示させることをSEO(検索エンジン最適化)と言うことがあります。
自然検索は広告ではないので表示やクリックにはコストがかからないため、コストメリットがありますが、様々な技術的条件をクリアしなくてはならなかったり、効果が出るまで時間がかかったり、結果的に思ったような効果が得られなかったり…と、検索結果の表示に対してのコントロールが効かないというデメリットもあります。
広告と自然検索との重要なの違いのひとつは「コントロールの可否」です。

ディスプレイ広告

潜在層にも顕在層にもリーチできるディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Yahoo!やGoogleなどのディスプレイネットワーク上にある、配信可能な枠に広告を表示する広告です。 配信方法(ターゲティング)のバリエーションも多く、目的や状況によってベストな配信方法が選べます。バナー広告とテキスト広告があり、配信枠や在庫量に違いがあります。

バナー広告は「ビジュアル」でユーザに訴求できるため、雰囲気やイメージで伝えた方が良い場合は非常に有効で、告知や啓蒙、認知を広げる目的には非常に適している手法です。 1回の表示で伝えられる情報量が多いのも特徴です。

テキスト広告はバナー広告よりA/Bテストや修正がしやすいため、フレキシブルにPCDAが回せます。またテキスト広告独自の枠には注目されやすいものも多いため、基本的にはバナーとテキストを併用して運用します。

様々なターゲティングができるため、広く告知をしたい場合にも、ピンスポットで情報を届けたいときにも使え、それらを組み合わせることもできることが利点です。

1クリック当たりの価格に対して入札するオークション制で、クリックされるごとに課金されます。
対象となるキーワードに複数の広告主が入札した場合、入札に勝たなければ表示されません。

その他の運用型広告

ソーシャル広告(facebook・twitter)

ソーシャルメディアのロゴ

ソーシャル広告の特徴は、ソーシャルグラフと呼ばれるソーシャルメディアネットワーク上でのつながりを利用して行う広告で、現在は主にfacebookとtwitter広告が多く利用されています。
商品やサービスを紹介する際に知人から紹介されたような体裁のほうが好印象になるというメリットがあり(口コミのような効果)ブランディングやコミュニティ形成に効果があります。

それぞれの強み

その他にも、DSP(Demand-Side Platform)のご提案もしております。

お問い合わせ先

WEBマーケティングに関するご質問やご相談は、下記の電話番号までお気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:06-4950-4974 FAX:06-4950-4975

【受付時間】平日9:00-18:00までとなっております。

メールでのお問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る