運用型広告

タグマネージャー

タグマネジメント(ワンタグ)の重要性

昨今、ウェブにおけるマーケティングが急速に発達し、さまざまな広告媒体や解析ASPなどが流通したため、タグの種類や機能が増えています。

一般的にタグは広告会社などが発行し、導入は制作会社が行うことが多く、技術的な責任の範疇があいまいになりがちです。

タグの数が増えるにつれ管理が煩雑になり、それにより、タグが反応していない状態を察知したり、問題の切り分けや技術的な解決をしたりすることができなくなるなどの問題が発生するようになり、タグの一括管理のシステムの必要性が増しています。

タグの管理は問題が山積だった…
【1】タグを追加、修正するたびにコードの修正が必要

内部でサイトを管理している場合は手間が増えるだけで済むが、
外注していると、毎回指示書やコストがかかることになる


【2】技術的な責任の範疇があいまいになりがちでトラブル時は困る

一般的にタグは広告会社などが発行し、導入は制作会社が行うことが多く、
制作会社は広告タグやパラメータに精通しているところばかりではない。
広告会社もサイトの構造やソースコードを理解しきれない


【3】基本的にタグの提供元は他社のタグに関しては関与できない

計測できていないか否かの判断や、計測不良のトラブル等の際には
サイト管理者が自力で解決するしかない


【4】タグの数が増えるにつれ管理が煩雑になる

うまくタグが動かないことや、干渉しあう状況の解決策が複雑化
一元化して管理できないため不要なタグや間違ったタグがそのままになることもあり
ソースコードが汚くなったり、読み込みが遅くなったりすることも






主なタグマネージャー

現在、主なタグマネージャーは2つあります。
Yahoo!社が提供するYahoo!タグマネージャーとGoogle社が提供するGoogleTagManagerで、 両者は機能面での違いがあります。
現時点では、弊社では2つのタグの導入をお勧めしています。

タグとは?

ウェブページは、文章や画像、リンクや入力欄が表示されますが、これらはHTMLによって実現されています。表示内容、表示箇所、色、大きさ…などの指定が書かれたファイルをウェブサイトに用意しておき、ブラウザ からそのファイルを開くと書かれた指示に従ってページが表示される仕組みになっています。

タグをウェブページに加えることを「タグを埋め込む」と表現し、具体的にはheaderの中やbodyタグの上などの指定箇所に短いソースコードを書き込む作業です。

最近のウェブサイト運営では、目的ごとに特別なタグを埋め込むことで、インターネットユーザーの使い勝手を改善したり、商品の販促を強化したり、広告の効果を測定したりすることが主流となっており、 そのような機能を活用することや、タグの管理をすることは、インターネットマーケティングに欠かせないことになっています。

広告で主に埋め込むのはコンバージョンの計測をするためのコンバージョンタグと、リターゲティングをするためのマーキング用のです。 また各種解析ソフトや計測ツールを導入する際にもタグを埋め込む作業が発生します。




お問い合わせ先

WEBマーケティングに関するご質問やご相談は、下記の電話番号までお気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:06-4950-4974 FAX:06-4950-4975

【受付時間】平日9:00-18:00までとなっております。

メールでのお問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る